スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.07.09 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

裁判員には裁かれたくない

最初に結論を書くと、裁判員制度などやめてしまえと思う。人を裁くことも、安易な正義感を持った人間に裁かれることもまっぴらご免だ。

裁判員が質問の中で「むかつくですよ」と言い放ち、裁判官に止められた初のケースと報じられた。裁判員裁判がネタとしての新鮮みが薄れてきた時期の出来事だから、メディアはみな飛びつく。彼に(男性だそうだ)とっては、率直なことを言ってしまって、それが批判めいて報じられるのはご愁傷様なことだ。しかし、自分の権利・処遇を賭けて戦う法廷で安直に非難される被告のやるせなさの方に共感する。


「電気がなくなったら」というテレビ番組を原発関連団体が提供する事態

今朝の朝刊広告を見て、ん?と目を引いたのは、フジテレビの番宣。一番組でこんなに目立つ広告ねえ、といぶかっていると、右下に「提供NUMO」のマーク。そして番組のタイトルは「仮想生活実験ドキュメント もしも」(10月18日22時から23時15分)。内容を表すと見られる文言は「もしも電気がなくなったら、あなたはどうしますか?」。

うーむ、なんて分かりやすいんだろう。一目で、自分たちの主張のために番組ごと買いましたって分かるじゃないか。それでいいのか、フジテレビ。まあ、いいんだろう。

NUMO側はホームページで堂々キャンペーンでーすと、宣言している。フジテレビのページでも放送前の現時点で、目立つところに掲示している。見てみるとレギュラー番組は3月で終わっていて、今回は特番。古い金型を使って、もう一儲けというところなのだろう。

定額給付金を寄付に回す

さて、うちにも定額給付金がやってきた。家族5人で8万4000円也。子ども3人にはそれぞれ2万円ずつ。うちの子は以前書いたように3つの口座を持っている(長男は小遣い制になったので、小遣い口座を加えて4口座)。長男(小4)には意向を聞いて、学用品などを買う郵便局の口座に入れた。次男(小1)と長女(3歳)はお年玉と同じ、運用口座へ。子どもの分は消費には回らないわけだ。

自分自身の1万2000円は、いろいろ考えた結果、NPOの「もやい」にカンパした。昭和の地域振興券に続く平成の愚作という評価に賛成なので、受け取りつつ、ありがたいとは思わず、本来使うべき所に回したと自己満足ながらいい気分だ。

ちなみに、同時に振り込まれた子育て応援特別手当は家計に入れた。税金の払い戻しとして、保育料に回るだろう。

JUGEMテーマ:定額給付金の使い道


テレビ買い取りだって?

公明党が、地上デジタル放送開始を前に、デジタルに買い替える際に1台2万円で国が買い上げることを景気対策に盛り込むのだそうだ。やめてくれよ。地域振興券や定額給付金を考えつくのと同じ、みみっちい匂いがぷんぷんする。

今のテレビが使えなくなると、テレビ離れは進むと予想している。国が言い出したデジタル化で多額の設備投資を強いられたり、わざわざ危機に直面させられるテレビ産業はご愁傷さまだが、これまで規制業界でうまい蜜を吸っていたのだから、そう同情もしない。

そんな一業界の問題に乗じて、税金をばらまく機会にしようという魂胆がさもしい。沖縄では離島にデジタル波を届けるための設備に県の補助を、という要望がテレビ局側からあるらしいが、断固反対だ。テレビを見るか見ないかは、まったくもって個人の選択だ。それに税金を使うなんて、どう考えてもおかしい。テレビって、何だか過大評価されているような気がする。

グーグル日本社長の自宅を覗いてやれ

ストリートビュー、である。興味がないので、実際に見たことはないが、テレビニュースなど既存のメディア報道で知る情報だけで十分判断できる。これは悪行だ。不特定多数の個人情報で商売をしているだけの話だ。

この記事には、本社の社長(だろうな)が自分の個人情報を記者にグーグルで調査されて激高した話が紹介されている。これにならって、日本法人の社長の自宅もストリートビューで覗いてやればいい。もっとも、アメリカの社長の家はぼかしが入るらしいが。何ともはや。

100年に1度、は聞き飽きた

もう「100年に1度の」と言うのはやめようよ。何でも許されるような心根で言ってるんじゃないの? 「苦渋の決断」という奴と同じで、言ってる人間の浅さが透けて見える。

漢字読み間違いの真の深刻さ

「未曾有」と書かれていると、つい「みぞゆう」と読んでしまう。流行というのは恐ろしい。

一国の首相が漢字が読めないということ自体で嘆かわしいが、単なる揚げ足取りでなく、何ともいやーな不安を感じていたが、いつも読んでいるサイトで不安の中身が分かった。

そうなのだ。読めないということは、書いたことがないということなのだ。自分の考えを理屈立てて整理し、人に伝えようとした経験に乏しい人物が権力を振るうことに、振るわれる側として恐怖にも似た不安を感じるのだった。


ニュースも休日モード

松方弘樹が300キロ超のマグロを釣り上げたことって、そんなに大ニュースなのだろうか。めったに見ない民放の夕方ニュース番組を見て、驚く。フジだけじゃない。思えば、フジは長々と麻薬取り締まりの現場映像。まったりとした休日だなあ。まあ、それも平和でよいか。

反面教師を地でいく中山某

 内閣支持率の高低なんてレベルじゃなくなっているな。中山成彬という程度の人物を入閣させなければならぬほど、麻生人脈は脆弱だということを天下に知らしめてしまったのだから、それもわずか3日で。

結社の自由を定めた憲法を守る義務がある国会議員が、日教組解体などできるものか。そんな道理も分からない彼を育てたのは、どんな教育なのか。人物や社会の結果をすべて教育のせいにすることが間違いだと分かった一連の騒動であった。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

my twitter

L.I.P.

living-in-peace

selected entries

categories

archives

recent comment

  • よその子を叱る
    こまち
  • よその子を叱る
  • なんで早く生まれた人から大きくなるの?
    りさ
  • よその子を叱る
    かもね
  • よその子を叱る
    EN
  • 定額給付金を寄付に回す
    かもね
  • 定額給付金を寄付に回す
    syamirer
  • 牛乳までも
    yutakarlson
  • 地図を壁に貼る
    かもね
  • 地図を壁に貼る
    塾長

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM