スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.07.09 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

通販カタログ乱れ請求

新年は買い物欲が刺激される。掃除した結果、もらい物の服があふれて入りきらないのが散乱の原因だとして、連れ合いが「タンスを買おうか」と言い出した。買い物自体が好きな自分は、彼女の持っていた通販カタログを奪って見入る。

今あるタンス(チェストというらしい)は、「暮らしと生協」カタログで注文した。当然、同じ感性の人が買うのだから、このカタログにあるものに惹かれる。ただし、手元にあるカタログは期限を過ぎている。では、と、連れ合いが会員になっているベルメゾンを覗くが、あまり気に入りそうなものがない。ものはついでと、他社のカタログもネットから請求し始めた。こうやって正月休みに注文やら請求する人は多いだろうから、休み明けは追われて大変だろうなあ、でも楽しそうだなと思いつつ、フォームに個人情報を入れていく。

結局、ニッセン、ディノス、セシールに請求した。家計クレジットカードで払うことを考え、名義は自分で。通販のターゲットは断然、女で、フォームの性別の選択肢は各社とも「女性」が先にある。カタログも当然、女性向け。男向けの通販会社というのはあるだろうか。あるとはまりそうなので、知りたくはないが。

ネットで買うという選択肢もあると気付いたが、何だか気が進まない。カタログをペラペラめくって、メジャーで部屋の隙間を測って大きさを想像する時間が楽しみだから。ネットが気に入らないのは写真が小さいからだろうか。画面を通して見るのがもどかしいからだろうか。

あずさワイン

今日金曜日は、生協個配の注文&配達日。共働きのため平日は夕食をつくらず、どちらかが休みの日はヨシケイでメニュー付きを頼んでいるから、個配で注文するのは保存のきく冷凍食品や大量に買う牛乳(3本)くらいなものだ。いつも同じようなものを注文する一方で、楽しみにしているのが酒類のページだ。

ノン(低?)アルコールのブローリーがあればケース買いで、無添加赤ワインはほぼ毎週銘柄違いであるので買ってしまう。その中でも好きなのがアルプスのあずさワインコンコードだ。軽い飲み口なのが、よい。これを飲んだら、値段では倍以上する輸入ワインは渋くて、後味がしつこく感じる(無添加は皆無だし)。まあ、本物のワイン飲みではないからなのだが。自分の好きなものが、自分の住む近くでつくられているのなら、それに越したことはないと思うのだった。

手帳の勢力分布

ようやく能率手帳の3年連用が買えた。書店に行くたびにコーナーを覗いたが、見つけられなかった。見た範囲では、「手帳は高橋」の高橋書店が販路が広いようで、どの書店にもあった。能率協会は売っている書店が高橋に比べて少なく、さらに3年連用を置いてない所もあり、結局、あまり期待してなかったTSUTAYAにあった。

さて、問題はこれをあと2か月後に見つけられる所に保管しておけるかだな。

クーラーには迷わない

デジカメでさんざん迷っている間に、クーラーはすぱっと、ヤマダ電機の店員の勧めにしたがって手続きをし、2日後には取り付け工事が終わった。デジカメと同じようにカタログ集めをしたが、判断基準がないので眺めていても楽しくない。6畳の寝室で使うことを告げて、店員に任せた。

結果、シャープのものになったが、名前を覚える気にもなれない。要は直接冷風が当たらず、自動でフィルター掃除をしてくれればいい。すでに10年以上使っていて冷えなくなったクーラーの代わりになればいいのだ。

関心のないモノには物欲というより、義務感しか湧かないんだな。

2機種に絞ったデジカメ

久々に物欲の話。思えば、冷蔵庫や洗濯乾燥機を立て続けに買ったので、モノを買うことにまつわる記録にしようと始めたブログだったのだが、すっかり子どもの話になってしまった。まあ、いいのだけれど。

デジカメである。IXY 40が壊れてしまい、後釜を探していた。壊れたのは、子どもたちに持たせて頻繁に落とすのが原因だろうと思い、頑丈なものか、ホールドしやすいものをと絞ってみた。もっとも落とすのは仕方ないので、短い首下げストラップをしようとは思うのだが、持ちにくいよりは持ちやすいものをという程度の条件だ。

カメラの性能としては28mmの広角が使えることと、少しはマニュアル露出で使えること。顔認識だとか、さんざん宣伝されていることはあまり興味がないが、まあ付いている分にはいいでしょうというスタンス。

で、残ったのがパナソニックのFX500とLZ10。LZ10は30mmからなのだが、マニュアルが充実していそうでランクイン。もっとも28mm程度の広角と条件設定したところで、ほとんどの機種は対象外になってしまう。ニコンかキヤノンのグリップが大きなタイプだろうと推測していたのに、両社とも現行カタログには28mmモデルがないのだ。

今日、ヤマダ電機で二つを触ってきた。ホールドしやすさはLZ10の勝ち。だが、FX500の画面タッチで露出やシャッタースピードを変えられる機能には惹かれる。LZ10では、どう変えるのか、店頭でしばらくいじらないと分からなかった(説明書が置かれているといいのに)。

価格差は、店頭では1万5000円以上もFX500が高いのだが、ネットでは2000円ほど。これなら沖縄までの1300円ほどの送料を入れてもネットで買うメリットが出る。しばらく楽しく迷っていよう。

プジョー派の特性?

この間、運転していて「これは偶然じゃない」と確信した。プジョーに乗る人は高い確率で車名をナンバーにするのだ。

かかりつけのお医者さんが「407」をナンバーにしているのを発見してからは、ちょうど通勤経路が逆なので、すれ違うとすぐに分かるようになった。それ以外にも結構「207」「307」と見かけるようになったからだ。x0xという並び方が目にとまるからかもしれないが、普通の4桁ナンバーのプジョーよりも多く見かける気がする。もしかしたら、ポルシェ派もそうなのかもしれないが、あまり見ないから分からない。

車に愛着を感じているようで他人事ながら、ほほえましい。うちのエディックスには、買ってきた日に長男と次男が「イオちゃん」と名前を付けた。由来は不明だが、ずっとそれで通っている。彼らが「イオちゃん」と呼ばず、親とも出歩かないような年になったら、夫婦用として小さなプジョーに乗り換えようかな。

壊れるタイミング

CanonのデジカメIXY 40がエラーコードを表示したまま起動しなくなったと思ったら、同じくCanonのプリンタPIXUS 850iも故障だ。むろん、たまたま重なっただけなのだが、何だか示し合わせたようだ。

どちらも年数がたっているし、商品自体がどんどん価格が下がるものなので、修理に出すよりも新品を買った方がお得感がある。どうせならアップグレードを図ろうかと、ファクス・スキャナが一体になった複合機はどうだろうと、連れ合いに打診してみたら、どうせ使わないから値段の安いのでとの明快な答え。複合機でも3万円ほどで、手が出る価格なので、物欲の虜はついフラフラとつられてしまいそうだが、まあ冷静に考えたら、ファクスは今のモノクロで十分だし、スキャナなど使わない。プリンタも年賀状を刷るくらいなので、最低限の機能で間に合う。連れ合いはモノクロプリンタでもいいというが、さすがにそれは探せない。

近くのヤマダ電機に、買い換えで古いプリンタは引き取ってもらえるかと電話したら、500円の処理費がかかるらしい。粗大ゴミにした方が安くすむのだが、ここはリサイクルで適正に処理されることを期待して、これから持ち込んでみよう。

【08/04/18追記】
買ったのはEPSONのPX-V780。11000円。音がものすごい。からくり屋敷のようにガラガラと音を立ててインクヘッドが移動し、床が抜けるような音がして給紙されていく。たまにしか使わないからいいけれど、毎日だとうるさくてしょうがないかもしれない。

BOSE IE イヤーチップを追加注文

散歩のお供、BOSE IE。朝、出ようとすると、片方のイヤーチップがなくなっている。以前の記事で、なくす懸念を書いてあったが、整頓できない性格から、ケースに収めずにいたからだ。

結局、片耳だけで聞いて散歩を終え、家捜しをして発見した。実はなくした方は、以前、長女(2歳半)がガムのように噛んで、先が千切れていたので、これを機にスペアを購入しようと楽天で探したが、ない。BOSEのページで見ると、申し込めば無料で送ってくれるのだった。これはいい。何しろ、定価で1万5000円以上する代物だから、スペアチップが別売りでも、なければ聴けないものは購入もやむなしと覚悟していたのだ。考え直すと、そんなに高価だからこそのサービスなのかもしれない。

食洗機届く

楽天市場で注文したTOTOの食洗機が届いた。まるでいつもの本が届くように気軽に、宅配便の人が置いていった。ちょうどお昼時だったので、食事を済ませ、朝の分とでたまった食器をモチベーションに設置にとりかかった。設置されている食洗機の後継機で、現状の配線・配管を再現すればよいので、思ったより簡単で、20分ほどで設置終わり。試してみると、汚れ落ちもよく、時間は従来より短縮されていた。

食器を置く金属の棚は、配置が旧機とは変わっていて、可動式になっていろんなレイアウトで置けるようになっている。ピンを立てたら大皿を配置できるという具合だ。あまりにも自由度が高いので戸惑うが、慣れの問題かも知れない。汚れの少ない食器だけなら、洗剤なしコースもあるが、これはまだ使っていない。

費用は、5万円ではおさまった。子どもたちは、18歳の巣立ちまでの大型出費(修学旅行などを想定)用に毎月1万円ずつの積立定額貯金をしているので、それを一人1万円ずつおろし、両親も1万円ずつの負担でちょうど。彼らの食器も洗うんだからね、と。

具体的な使い方については、写真付きで参考になる記事があった。うちでは、元大工の親父がコンクリートの壁に穴を開け(我が家の所有権は彼にあり=大家)、排水は直接外の配水管にホースをさしているので、上記のブログのような温かい排水を再利用することはないが、いいアイデアだと思う。食器は機械に頼んでも、鍋・フライパンは手洗いだから、油汚れに温水はちょうどいいはずだ。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

my twitter

L.I.P.

living-in-peace

selected entries

categories

archives

recent comment

  • よその子を叱る
    こまち
  • よその子を叱る
  • なんで早く生まれた人から大きくなるの?
    りさ
  • よその子を叱る
    かもね
  • よその子を叱る
    EN
  • 定額給付金を寄付に回す
    かもね
  • 定額給付金を寄付に回す
    syamirer
  • 牛乳までも
    yutakarlson
  • 地図を壁に貼る
    かもね
  • 地図を壁に貼る
    塾長

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM